永代供養について

宝勝寺による年1回の合同供養を行い、永代にわたり供養致します。
墓所ごとの使用期間もご確認頂けます。

永代供養・本堂の画像

選べる墓所使用期間

当苑の墓所は最後の埋葬者から13年を基本とし、延長33年、延長50年まで
墓所使用年数を延長できるプランをご用意しております。

基本プラン

十三年

期間延長プラン

三十三年

期間延長プラン

五十年


永代

読 経 年1回
料 金

販売価格に
含まれています

樹木葬
¥105,920
その他
¥211,840

樹木葬
¥211,840
その他
¥423,680

販売価格に
含まれています

墓 種

樹木葬
夢の花 夢の小路

その他
水蓮の花たち 桜の花たち(中) 桜の花たち(大) 野辺の花 花園のおもい 草原の夢(中) 草原の夢(大)

墓所使用期間 読経 料金

基本プラン
十三年


販売価格に
含まれています

期間延長プラン
三十三年


年1回

樹木葬¥105,920
その他¥211,840

期間延長プラン
五十年


樹木葬¥211,840
その他¥423,680

集合墓 宙のみ

墓所使用期間 読経 料金

永代

年1回

販売価格に
含まれています

住職から皆様へ

この度は、当霊苑にご関心をお寄せ下さったこと、まず深く御礼申し上げます。
当苑は「従来の墓地を造るのではなく、大切な故人を優しく包み、今を生きる人々に愛される、そんな美しい霊苑を創ろう」と願い、誕生しました。

今から400年程前臨済宗妙心寺派 太白山宝勝寺は、加賀藩第三代藩主 前田利常公の深い帰依を受けた 時の高僧 千岳宗仭(せんがくそうにん)禅師を開山に迎え創建されました。 いま、約400年の時を経て、ひときわ古い佇まいの国選定重要伝統的建造物群保存地区・寺町に誕生した「宝勝寺ふれあいパーク霊苑」。 加賀伝統文化と歴史の中に息づく市民皆様の「未来の住処」として、御仏の慈悲を頂き四季折々の花々と共に各各祖霊の永遠に安らかならんことを祈ります。

宝勝寺 住職 髙橋友峰
宝勝寺 住職 髙橋友峰

供養を執り行う宝勝寺の歴史

宝勝寺は、太白山と号し臨済宗妙心寺派に属する。禅僧として、著名な千岳宗仭禅師が美濃(今の岐阜県)から金沢に来て小庵を結んでいたが、寛永八年(1631)、現在地に加賀藩三代藩主・前田利常より寺地を拝領し、創建されたお寺で、山門・本堂・庫裡は創建当初の建物と考えられる。

千岳宗仭禅師は特に前田利常からの信頼が厚く、荒廃していた伝燈寺の復興を命ぜられたり、また能筆で文章力にも優れていたため、小松の梯天満宮の棟札を揮毫するように命ぜられたりした。千岳禅師は後に隠居所として三間道の少林寺を建て与えられたという。

宝勝寺
山門をくぐり、白で統一された石畳を進むと、本堂、霊苑へと繋がる。

お問い合わせはお気軽に

お墓についてのご質問、見学のご相談など、
お電話でも、フォームでもお気軽にお問い合わせください。